デスクワークのあなたに警鐘!

あなたは仕事中ずっと座りっぱなしでパソコンとにらめっこしていませんか?

同じ姿勢で目を酷使することが肩こりや首こりの原因になるのはご存知だと思いますが、さらに良くないのがデスクワーク中ずっとマウスを握りっぱなしという状態です。これは最近デスクワークをされているお客様が多くいらっしゃって、気が付いたことなのですが、右手が全体的に硬く特に手首周りと人差し指の付け根部分が硬くなってしまっている状態が共通して見られます。マウスを握った状態で人差し指でクリックを繰り返すこの細かい動きを長時間続けることが、手だけではなく腕全体に悪影響を及ぼしていると思われます。
これを「マウスハンド」と勝手に名付けました。ひどいとマウスを握った状態で固まってしまっているようなケースもあります。手・腕が硬くなってしまうと肩こりの原因にもなります。
ある流山市在住の男性のケースですが、本人曰く「五十肩で右腕が上がらない」状態でした。

腕が上がらないのは体幹からの影響が大きいと私は考えているのですが、この男性は腰の状態が良くなってもいまいち腕の上がり方が良くなりませんでした。最終的には腕と手首を緩めることで腕が上がるようになりました。

この方もやはりデスクワークで、仕事中はずっとマウスを握っていると聞きました。そこで私は、必要のない時は、なるべくマウスから手を放しておくようにこの男性に助言しました。今も定期的に通ってくださっていますが、肩の調子はだいぶ良いということです。

デスクワークをされているあなたもマウスハンドになっていないかチェックしてみましょう。

右手の母指球(親指の付け根から手首のぷっくりした部分)と人差し指の付け根の骨の周りが硬くなっていれば要注意です。

もしデスクワークでマウスを長時間握っているなら、必要のない時はマウスから手を放して、できれば指や手首のストレッチをしたり腕全体を脱力してぶらぶらさせたりグーパーをしたりして普段からケアを心がけてください。

初回限定キャンペーン

整体コース  通常、 ¥4.800 のところ ¥1000 引き

¥3.800 (60分~90分)

お電話で「ホームページ見た!」とお伝えください。

どんな些細なことでも結構です。

まずは、お気軽にご相談ください。

問い合わせフォームからメールでも受け付けております。

流山市運河駅すぐ近くの整体サロンRELAXIN’

適応症:肩こり・腰痛・坐骨神経痛・膝痛・頭痛などの医療機関では対応してもらえない慢性痛